PROJECTS

『福岡宣言』をご存知ですか?

宣言の推進をサポートしています

動物のデンタルケアは公衆衛生に貢献します!!

  • 動物の身体で一番細菌が多いのは肛門ではなく口腔内

  • 便はトイレで食器はキッチン,スポンジ同じで大丈夫?

これからの50年、獣医師に社会が求めるものは?

  • 1850年~1920年の70年間,馬の診察が主体

車の普及で馬が衰退

  • 1890年~1960年の70年間,牛の診察が主体

  • 1960年~2015年の55年間,伴侶動物が主体

これからの50年、伴侶動物の頭数は減少

☞人と動物の共通感染症、公衆衛生では?

Cornell大学スミス前学長の米国獣医師の歴史 講演より

P. gulae菌による歯周病は

人と動物の共通感染症です!!

  • 家族と一緒に暮らしている犬の歯周病菌を調べました.

  • 16%に共通の歯周病原菌 P. gulae 菌が検出されました.

歯周病の進行を防ぐ方法は,まずスケーリングです. スケーリングは汚染処置です.

  • 超音波スケーラーを使用する場合,菌が半径1.5m四方に飛散すると言われてます.

  • 処置者の健康のため手袋,マスク,ゴーグルなどを着用されていますか?

ゴーグルを装着してのスケーリング

歯周病は様々な病気の増悪因子です!!

人では抗癌治療の前に歯周病治療をします.

  • 動物たちのスケーリングも歯だけのためでしょうか?

  • 歯周病の病気や治療への影響を感じたことはないでしょうか?

人では,整形外科でインプラントを使用するとき,糖尿病を治療するときなどは事前に歯周病のケアをします.

  • 制癌剤や皮膚病でステロイド剤や免疫抑制剤を使用するとき,歯周病のことをケアをしていますか?

  • 糖尿病ではいかがですか?

歯周病ケアの目的達成のためにfimA TESTをお役立てください

2016年に福岡県北九州市で開催された第2回世界獣医師会―世界医師会"One Health"に関する国際会議〔日医,世界獣医師会(WVA),世界医師会(WMA),日本獣医師会主催〕において満場一致で承認されました.
「"One Health"※の概念に基づき行動し,実践する段階に進む決意」を示す4つの宣言です.

  1. 医師と獣医師は,人と動物の共通感染症予防のための情報交換を促進し,協力関係を強化するとともに,その研究体制の整備に向け、一層の連携・協力を図る.

  2. 医師と獣医師は,人と動物の医療において重要な抗菌薬の責任ある使用のため,協力関係を強化する.

  3. 医師と獣医師は,"One Health"の概念の理解と実践を含む医学教育及び獣医学教育の改善・整備を図る活動を支援する.

  4. 医師と獣医師は,健康で安全な社会の構築に係る全ての課題解決のために両者の交流を促進し,協力関係を強化する.
     

弊社では上記宣言に賛同いたします.

1.人と動物の共通感染症予防のために fimA TEST
2.
抗菌剤の責任ある使用のために becSCREEN
3.
"One Health"の理解と実践のために SPOT TEST  
4.健康で安全な社会の構築のために 『犬用ワクチチェック』 
各検査を獣医師に提供し、宣言の推進をサポートしております.

 

※"One Health"とは
人の健康、動物の健康、環境の保全のためには、三者の全てを欠かすことができないという認識に立ち、それぞれの関係者が"One for All, All for One"の考え方に基づいて緊密な協力関係を構築し、活動していこうとする理念のこと。