Parklで犬

犬・猫・馬のアレルゲン特異的IgE検査

SPOT TESTの特徴

 

SPOT TESTは1mlの血清検体で1度に92項目を検査でき、広範囲のアレルゲンを検査できます。

SPOT TESTをおこなう際に,正確さと信頼性を高めるために血清サンプルに対して次のような前処置が行われます.こうした処置によって拮抗する抗体の濃度が減少し,優れた結果を出すことができます. 

 

1. IgGを除去・・・偽陰性反応の抑制 

抗原に暴露されると,体は抗体(IgE、IgGなど)を産生します.そのなかでIgG量が多いため,この血中IgGが分析の邪魔をします.この問題を解決するために,黄色ブドウ球菌の細胞壁より取りだしたプロテインAを用いて全ての血清サンプルからIgGを吸着させます.このプロテインAはIgGのFc部分と強い親和性をもつため血清からIgGが除去され,干渉がなくなります.

 

2.非特異性IgEの干渉を低下・・・偽陽性反応の抑制

高いレベルのアレルゲン非特異性IgEは,通常蠕虫の感染によってひきおこされます.アレルゲン非特異性IgEはアレルゲン特異性IgEと競合するため,結果をゆがめてしまいます.
この問題は血清サンプルから蠕虫抗原で吸収する事によって解決されます.蠕虫は高IgEレベルの原因となる最も一般的な抗原のひとつです.
この吸収操作が,アレルゲン非特異性IgEによる干渉の機会を低下させています.

SPOT TESTはこのような特殊工程を経て,生体内で起こっている事を的確に反映できます.
減感作療法の感作アレルゲンの選択のための検査としても世界中で評価されています.

SPOT TESTは定量IgE検査です

単位:ARU=Allergen Reacting Units

定量IgE 検査のメリット
・血清中のIgE の増減を適切にとらえることができます
・個体ごとのアレルゲン曝露量の変化を経時的に追うことができます
・検査時点で、どのアレルゲンに対して曝露量が多いのかを推測することが可能です
・個体ごとに閾値が異なるので、IgE 量の多さと個体間の症状の強さは関連しません
・検査前処理としてIgG を除去していますので、存在するIgE を確実に検出できます
 (偽陰性の結果が少ない特徴を持っています)
・検査結果が抗原特異的免疫療法(減感作療法)に役立つことで世界的に評価されています

食物アレルゲンに関する注意

食物アレルギーに関する唯一の治療法は,アレルゲンを含む可能性のある食物の摂取および接触を避ける事です.
Spectrum Labs,INC.は,検査結果と食物タイプのデータベースを比較した推薦食の情報を添付いたします.これらのデータベースはペットフード会社によって定期的に提供される情報に基づいています.

最新の情報では,食物アレルゲンの皮膚を介した曝露や,アレルゲンを含む湯気や煙にも注意が必要であることがわかってきました.ご留意ください.

​アレルギーの治療に役立つ様々なオプション

アレルギーの治療は,非常に困難な課題です.
治療法としては,シャンプー,ローション,抗炎症薬の局所及び全身投与,抗そう痒剤の投与などがおこなわれていますが、減感作療法や新しい舌下免疫療法も注目されています.
基本はアレルゲンからの回避と反応を抑制することですので,何がアレルゲンになっているかを知り,感作アレルゲンの回避の方法を探ることは治療の始まりと言えます.
92種類のアレルゲンを同時に検査できるSPOT TESTで治療計画をスタートさせてください. 

 

犬・猫それぞれ92種類のアレルゲンを一度に検査します

​←検査結果のサンプルです。クリックするとPDFで開きます

検査項目

・草

ギョウギシバ

ライムギ

ハルガヤ

オオアワガエリ

セイバンモロコシ

カモガヤ

アシ

イチゴツナギ

クサヨシ

シラゲガヤ

・雑草

ブタクサ

セージ(ヨモギ)

ヘラオオバコ

アキノキリンソウ

アザミ

アカザ

ギシギシ

ニワトコ

シロザ

・樹木

ビャクシン

ニホンスギ

オリーブ

ブナ

セイヨウトネリコ

ハンノキ

シラカバ

ヤナギ

ニホンマツ

ヒノキ

ネズミモチ

オーク

​クワ

・真菌/カビ

アスペルギウス

アルタナリア

ドレクスレラ

クラドスポリウム

ペニシリウム

リゾプス

ステムフィリウム

カンジダ・アルビカンス

カーブラリア

オーレオバシデイウム

フザリウム

・上皮

猫毛

犬毛

羽毛混合

マウス上皮

・ハウスダスト

ハウスダスト

ハウスダスト/ダニ

・食物

牛肉

兎肉

鶏肉

豚肉

鹿肉

ミルク

大豆

コーン

小麦

羊肉

七面鳥

​穀物(ソルガム)

・食物

オートミール

大麦

ジャガイモ

ビール酵母

コンブ

トマトのしぼりかす

ニンジン

エンドウマメ

アヒル/カモ

玄米

ナマズ

シシャモ

ニシン

カツオ

マグロ

サケ

・室内

ウール

コットン

カポック

匂い菖蒲

サイザル麻

タバコの煙

貯蔵ダニ

・昆虫

ゴキブリ

ハエ

・ノミ

ノミ

・ブドウ球菌

ブドウ球菌

・マラセチア

​マラセチア

SPOT TESTの歴史と進歩

 

試験管内で行う(In-vitro)アレルゲン特異的IgE検査 は1985年からラジオアイソトープを用いK-9 RAST (Radioallergosorbant Test) の導入により,獣医師の間で用いられてきました.

 

数年後、定量分析の方法として酵素発色法ELISA(Enzyme Linked Immunosorbant Assays)が用いられるようになりました.

米国Spectrum Labs 社の 研究チームは、両システムを分析し,高品質のin-vitro検査である SPOT TEST を開発しました.以来、20年以上の歴史と進化をたどった今でもSPOT TESTは最も信頼のおける、進歩したin-vitroテストとして評価されています.


 1989年の創業以来、Spectrum Labs は世界におけるアレルギー診断と治療施設の主役として成長してきました。現在、Spectrum Labs は米国全州および世界約30ヵ国以上の獣医師にサービスを提供しています.

 

​使用アレルゲンの特徴

使用アレルゲンについて

全ての使用アレルゲンは日本国内のアレルゲンに適合する粗抗原です.

交差反応を示すことがありますが、同様の現象は生体内でも起こっています.

下記に代表的なアレルゲンの由来と,その特徴を示します.

お問い合わせの頻度も多いものですのでご注目ください.

【室内】

カポック・・・別名パンヤと呼ばれ,ぬいぐるみの中身に使われています.

匂い菖蒲・ジュート/サイザル麻・・・カーペットの裏素材として使われています.

羽毛混合・・・グース・ダック・ニワトリの羽毛を合わせたもの.

ストレージマイト(貯蔵ダニ)・・・倉庫ダニとも呼ばれ、湿った食品やカビを食べて繁殖します.

ケナガコナダニとサヤアシニクダニの2種の抗原を含む.

 

【食物】

穀草・・・イネ科のソルガムと呼ばれる植物です.繊維質とデンプン源になります.

ビール酵母・・・イースト菌(製パン用酵母),発酵用乾燥酵母と同一のものです.

オートミール・・・オーツ麦,カラス麦,燕麦と同一のものです.

シーフードミックス(猫用)・・・タラ,ヒラメ,カレイなどの白身魚とエビを含む.

交差反応

交差反応によるアレルギー症状:人では口腔アレルギー症候群(OAS)として知られています.
交差反応一覧表をPDFでダウンロードできます

◆アレルゲン検査項目とその特徴

 

◆検査結果が治療に役立った例

​シャンプーの変更

​オートミール陽性例

​おやつの

中止

ブタクサ/シラカバ陽性例

​鼻鏡両側の

皮膚炎

過去のSPOT TESTで

大豆陽性

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

スペクトラム ラボ ジャパン 株式会社
 〒152-0034

東京都目黒区緑が丘1-5-22-201

http://www.slj.co.jp/

お電話&ファックス

電話番号
03-5731-3630

ファックス
03-5731-3631 

 

© 2017 by Spectrum Lab Japan Inc. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now